佐賀・茶学会(Tea Society of Saga)ホームページ

TOP

「佐賀•茶学会」第7回研究発表会が開催されました。

日時:令和元年11月9日 (土) 12時30分から受付
場所:佐賀大学農学部大講義室

演題
1. 特別講演
13:00-14:30 「日本茶のグローバル化に、今必要なこと
~ENTEAの取り組み~」
松尾 俊一

2. 一般発表
14:40-14:55 ‘さえみどり’における中切り後の整枝の違いが翌年の生育・収量に 及ぼす影響
〇野村幸代・平野剛史・山口史子・東島敏彦1)
(佐賀県茶業試験場,1)佐賀県杵藤農林事務所)

14:55-15:10 一・二番茶期の被覆が秋芽の生育および樹体に及ぼす影響
○平野剛史・野村幸代・山口史子・東島敏彦1)
(佐賀県茶業試験場,1)佐賀県杵藤農林事務所)

15:20-15:35 湯温と煎じ回数の異なる茶浸出液の抗酸化活性と総フェノール量
坂本孝義(日本茶インストラクター)

15:35-15:50 中国雲南省の茶-西双版納
石丸幹二(佐賀大学農学部)