佐賀・茶学会(Tea Society of Saga)ホームページ

TOP

平成29年度「佐賀・茶学会」研究発表会および講演会が開催されました

CIMG9196 CIMG9219 CIMG9286

日 時:平成29年10月28日(土)13時

場 所:佐賀大学農学部大講義室

1)特別講演

講師:仁田原 寿一 氏(福岡県茶生産組合連合会 事務局長)

演題:「八女茶全体のさらなるブランド化に向けて~「八女伝統本玉露」の世界ブランド化をけん引役として~」

講演会のお知らせ

講師 仁田原 寿一 氏(福岡県茶生産組合連合会 事務局長)
演題 八女茶全体のさらなるブランド化に向けて
~「八女伝統本玉露」の世界ブランド化をけん引役として~

仁田原氏

—講師プロフィール—

仁田原寿一(にたばるじゅいち)
福岡県筑後市在住
現 福岡県茶生産組合連合会 事務局長
1955 年 八女市黒木町の茶農家に生まれる
○ 福岡県に入庁後、普及指導センタ-、県庁農産園芸課、筑後農林事務所、農業総合試験場勤務
○ 勤務の傍ら、自身の茶園で町、県、全国の茶品評会に出品する。
その他
〇 NPO 法人 日本茶インストラクタ-協会会員
日本茶アドバイザ-養成講座専任講師

2)研究発表会

①土壌および品種の違いが根箱内の根生育に及ぼす影響

○中村典義1、平野剛史1、東島敏彦1、野中一弥2、髙木智成2(1佐賀県茶業試験場、2佐賀県杵藤農林事務所)

 

②佐賀県立九州シンクロトロン光研究センターにおける茶葉中無機元素の測定

○宮崎秀雄、山口幸蔵、中村典義、犬塚直宏 (佐賀県茶業試験場)

 

③熊本県球磨地域における秋予備整枝と春整枝の組み合わせが一番茶生育前の低温障害・枯死芽の発生と収量に及ぼす影響

坂本孝義  (熊本県農業研究センター球磨農業研究所)

 

※非会員の方の参加も受け付けます(一般参加者資料代として1,000円、学生は無料です)。知り合いの方等への紹介をお願いします。
なお、過年度及び今年度会費未納の方は当日会場で納付していただけます(新規入会者も会場で受け付けます年会費3,000円)。